音楽によってビールはもっと美味しくなることが判明

同じビールでも音楽の有無で旨味が変わってしまう

おつまみには音楽をお忘れなく!

食事って、フードやドリンクはもちろんのこと、どんな雰囲気で食べるかも、満足度に大きく影響するように感じます。せっかくの御馳走なのに、それを台無しにするムードで、なんだか美味しくなくなってしまったという苦い経験は、だれにだってあるはず…。

このほど、その効果を科学的に実証しようとした研究結果がFrontiers in Psychologyに掲載されましたよ。Brussels Beer Projectが醸造する新しい黒ビールのテイスティングに集まった231名に、提供する際、3つのグループ分けを実施。どんな味なのかは知らせず静かな場所で飲むグループ、新しい味の説明を記したラベルを見せて飲ませるグループ、ラベルを眺めつつ洒落た音楽を聴きながら飲むグループで、それぞれ試してもらいました。

同調査には、英国のインディーズ・ロックバンド「The Editors」が協力しました。アールグレイ、チョコ、シトラス系など、凝った香りを示す新ラベルが入った黒ビール。The Editorsが奏でる「Oceans of Light」とともに飲んだグループは、飲む前の期待度も飲んだ後の満足度も、ともに高いスコアを記録しました。一方、どんなフレーバーの新ビールを飲まされるのか告げられず、音楽も流れない部屋で黙々とテイスティングを進めたグループは、期待度も満足度も最低スコアに終わったとのことですね。

実は同様の調査は過去にも実施されており、2009年にはJournal of Consumer Researchに、食品広告の効果をテストした研究発表が行なわれました。五感に訴える広告が、美味しさを判断するレベルに違いをもたらしたと明らかにされています。

味覚の形成は、視覚、聴覚、触覚、嗅覚などに影響を受ける。それゆえに味覚を含む五感への魅力をそそる広告に仕上げたほうが、ただ味覚だけを意識して作られたものよりも、最終的な美味しさの判断に一層のインパクトをおよぼすことになる。

7年前の研究結果は、こんなふうに総括されていました。今回の調査では、日ごろからThe Editorsのファンで、テイスティングのバックで流れたOceans of Lightが大好きという調査対象者ほど、新味のビールを美味しく感じるレベルがアップしたそうです。ただ音楽を流せばよいというわけではなく、好感度が持てる音楽味覚へのマッチングが関係しているのかもしれませんね~。

同研究チームを率いたブリュッセル自由大学のFelipe Reinoso Cavalhoさんは、音のちがいがどう味覚へ影響するか、さらなる調査を進める方針。苦味、甘味、酸味など、特定の味覚を増幅させる種類の音楽があるか、より健康的な食事を好むようにインパクトを与える種類の音楽があるかなど、判明すれば食事のスタイルが根底から変わりそうな調査項目までありますよ。

自然なダイエットにつながるものが食べたくなるミュージックとか、安い発泡酒なのに高級な生ビールに思えるサウンドとか、いろいろ出てきてほしいなぁ。

source: Seeker

(湯木進悟)