水温が上昇すると、妙な動きをするサンゴ。世界初、白化現象の過程をとらえた

水温が上昇すると、妙な動きをするサンゴ。世界初、白化現象の過程をとらえた

カメラにとらえられた楽園崩壊の瞬間…。

地球最後の楽園といわれるグレートバリアリーフで、サンゴの大量死が見られたのは今年初旬のこと。

研究を続けてきたクイーンズランド工科大学の生態学者たちによって、サンゴの白化現象の過程が初めて動画にとらえられました。

キーとなるのは、サンゴが共生する「褐虫藻」とよばれる藻類。褐虫藻はサンゴから無機塩類とすみかを提供してもらい、サンゴは褐虫藻の光合成産物から栄養を得ています。ところがいま、このユニークな共生関係が崩壊し始めています。

水温の変化に敏感なサンゴは、ほんの数度でも水温が上昇すると、環境ストレスによって褐虫藻を追い出します。結果として起きるのが、白化現象です。

水温が上昇したまま長い時間がたつと、藻類はそのままサンゴのもとに戻ることなく、糖分を供給してくれる褐虫藻を手放したサンゴは栄養不足の状態に陥り、やがて死に至るのです。これがまさに、今回グレートバリアリーフで起きた現象。

水温が上昇すると、妙な動きをするサンゴ。世界初、白化現象の過程をとらえた(動画あり)2

水温が上昇すると、妙な動きをするサンゴ。世界初、白化現象の過程をとらえた(動画あり)3

では、白化現象とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

Coral Reefsによると、「パラオクサビライシ」というサンゴを水槽に入れて温度を上昇させた様子をタイムラプス動画でとらえたのは、オーストラリアにあるクイーンズランド工科大学の研究者たち。デジタルカメラと顕微鏡を使って8日以上にわたって撮影が行われました。

動画では、数時間で26度から32度に水温が上昇したとき、サンゴが藻類を放出する瞬間が映し出されています。研究の共同著者であるBrett Lewisは、「何が一番興味深いかというと、サンゴがいかに素早く、そして手荒に、共生していた生物をむりやり追い出していたかということだね」と述べています。

ただ、サンゴがこの動きをするのは、水温上昇から藻類が生き延びるのを助けるためかもしれません。

海洋生物全種の約4分の1がすみかとして頼りにする広大なサンゴ礁。温暖化が進むなか、サンゴが環境ストレスで死に至らずにすむ方法はあるのでしょうか? さらなる研究が続きます。

image by Brett Lewis, QUT

source: Coral Reefs

Maddie Stone - Gizmodo US [原文

(Rina Fukazu)