音楽の好みは文化に大きく左右されるらしい

文化による音楽視聴テスト

科学者たちは何年もの間、音楽的な嗜好の起源を研究しています。

Nature誌で発表された新しい研究によると、音楽の好みはその人を取り囲んでいる文化の中で一般的に聴かれている音楽に起因しているそうです。

MITとブランダイス大学など複数の大学から集まった研究チームが2011年と2015年にこんな実験を行ないました。被験者に協和音のコードと不協和音のコードの両方を聴いてもらい、心地良さを評価してもらうというもの。ちなみに調査対象となったのはアメリカ人と、西洋文化にあまり触れたことのない南米アマゾンの原住民Tsimane族、そしてTsimane族の居住地の近くに住みスペイン語を公用語としているボリビア人でした。

西洋文化では協和音に心地よさを感じ、不協和音を聴くと緊張したり耳障りに感じたりするのが一般的です。Natureに掲載された発表によると、不協和音コードは「西洋音楽の不安定同位体」で、より安定的な状態に戻りたいという印象を与えるそうです。

それでは、あなたがどう感じるか? 聴いてみてください。

どうでしたか?

西洋文化に多く触れる機会のある人は通常、不協和音のコードに嫌悪感を抱くでしょう。これを情動効果として音楽に使うことも多いそうです。

ハーモニーやコードは使わず、同時に聞こえるのはひとつの音色だけという音楽に慣れているTsimane族がこの2種類のコード聴いたところ、協和音も不協和音も同じぐらい心地よいと評価しました。また、ボリビア人の被験者たちは協和音を好みましたが、アメリカ人ほど協和音と不協和音の評価の違いが大きくありませんでした。

MITの教授で研究の指導的立案者であるジョシュ・マクダーモット教授は、この研究は協和音と不協和音の好みは西欧の音楽文化にどのぐらい触れているかによって決まり、生得的なものではないということ、また、これらの研究結果は、音楽の好みが形成されるのに文化が大きな役割を果たしているということを示しているのだと語っています。私たちの音楽の好みが年齢とともに変化するのは、文化交流度合いの変化が影響しているっていうことなのかな?

ちょっと不協和音成分が散りばめられてる音楽って哀愁が漂ってますよね。そんな哀愁漂う音楽が好きな日本人は、アメリカ人ほど協和音と不協和音の評価の差が大きくないかもしれませんね。

source: Ars Technica, MIT News

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(junjun)