見事なスプリット。「ボウリング球 vs 斧」勝敗やいかに...

ボーリング球 vs 斧

世紀の戦い。

あの重くて硬いボウリング球斧の刃に向かって45mの高さから落下させたら、果たして割れるでしょうか?

イケメンYouTuberとして知られるオーストラリア人3人組、How Ridiculousはその世紀の戦いといってもいい一戦を実現しました!

この戦いの内容は、斧の刃を上に向けて固定したものを地面に埋め込み、3人組のひとりが、ボールとともに220段の階段を昇り、地上から45mの高さから斧の刃を目がけてボールを落とすというもの。

とはいえ、45mの高さから斧に当てるというは試練の技。思わず「刃が見えないや…」と泣き言も言いますが、彼が最初に落としたボールは見事に斧に直撃。その結果ボールは割れ、斧に軍配が上がりましたとさ。

まるで爆弾が落ちる音と同じような風切り音を出しながら落下するボウリングのボールたち。斧の刃がボールの中心に当たるようには落ちてくれませんでしたが、斧と重力のコンビネーションでスッパリ割れてくれました。

その高さからならコンクリートに落としてもボールが割れちゃいそうな気もしますけどね。でも、こうやってただ単に想像するのと動画で見るのとでは楽しさが違いますね。

image by YouTube
source: YouTube via The Awesomer

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

(abcxyz)