Facebook、ウィキリークスが公開した民主党全国委員会のメールへのリンクをブロックしていた

Facebook、ウィキリークスが公開した民主党全国委員会のメールへのリンクをブロックしていた 1

先日ウィキーリークスが公開した民主党全国委員会(DNC)幹部たちのメールデータ。Facebookはこのウィキリークスのページへのリンクを誤ってブロックしていた事実を認め、謝罪しました。

ウィキリークスからの批判を受けてFacebookのチーフ・セキュリティー・オフィサーのAlex Stamosは、エラーはすでに修正済みであるとツイッターで報告しています。

Facebookが誤って重要なニュースをブロックしてしまうことは今回が初めてではありません。7月初旬には黒人男性Philando Castileが警官に射殺された様子を撮影したFacebookライブ動画を一時的に削除していたことがあきらかになりました。

さらにそれ以前にも、レイプした罪で有罪判決を受けたスタンフォード大学のPhilando Castile受刑者のミーム画像を誤って削除したことを認め、謝罪したこともありました。

このようにFacebookのアルゴリズムが「誤って」特定のニュースを削除したり、ニュースへのアクセスを制限してまうケースが何度も起きています。話題のニュースが並ぶはずのニュースフィード上ではアルゴリズムではなく人間による偏見にもとづいたニュースの選別が行われているのでは?といった批判も相次いでいます。

今回の件についてFacebookの担当者は米Gizmodoに対して次のようにコメントしています。

他のサービスと同様に、スパム対策システムは今回のドキュメント(ウィキリークスが公開したメールのデータ)のリンクに対して、一時的に危険であるというフラグを立てました。しかし土曜日の夜にはすぐこのエラーを修正しています。

たくさんの人がFacebookを経由してニュースに触れている今日このごろ、意図的ではないにしても大切な情報が届かなくなってしまう状況はがんばって防いでほしいところですね。

source: NY Post

William Turton - Gizmodo US [原文]

(Haruka Mukai)