“空飛ぶお尻”こと世界最大の航空機「Airlander 10」、今度は墜落!?

“空飛ぶお尻”こと世界最大の航空機、今度は墜落!?

空飛ぶお尻が尻もち(いや、実際は顔から突っ込んでますけど...)。

先週、このなんとも言えない姿の航空機が初飛行を成功させたところですが、着陸に失敗して地面に激突してしまったそうです。お尻お尻と何度も書かれていますが、本当の名前は「Airlander 10」。そして、フットボールのフィールドと同じくらいで92メートルの全長と巨大。もともとAirlander 10は、中東地域を監視するために米国軍のために開発されたものでしたが、その計画は白紙になり研究や輸送に利用されることになっているとのことで、最近は最終テストのためにイギリスの農園地帯でふわりふわりと浮いていました。この大きなお尻、いや大きな航空機は10トンまでの重さの物を持ち上げて5日間浮遊することができるそうです。

残念ながら墜落してしまったAirlander 10ですが、スポークスマンがBBCに語ったところによると「飛行はとてもうまく行っていた。問題だったのは着陸だけ」だとのこと。確かに先日はうまく飛んでいたのでそれは間違いないですが、どうしてそこから墜落してしまったんでしょうか。現場にいた人は、航空機からぶら下がっていた線が電柱にぶつかったのを目撃したとBBCは伝えています。しかしながら作った会社はこれを否定。

「Airlanderは着陸時に損傷を受けましたが、空中では損傷はありませんでしたし、伝えられているような電柱への損傷もありません。」

どうして着陸時に地面に衝突してしまったのかは未だ不明ですが、動画で見る限りだんだん前のめりになってますね。周りのイギリス人の人たちも「オーマイガー!」と残念な声をあげています。墜落もなんだかフワリとゆるい感じで、空飛ぶお尻らしいかもしれません。

source: BBC

William Turton - Gizmodo US[原文

(リョウコ)