これが200時間の成果。コーヒーマシンから本格ロボット義手を作っちゃった

コーヒーマシン大改造

則巻千兵衛もビックリ。用なしマシンの材料を使って、まさかのロボット製作!

キューリグやネスプレッソのようなカプセルでコーヒーを作るコーヒーマシン。コーヒーが本当に好きな人にとっては、ただただ邪道なマシンなのかもしれません。カプセルのコーヒーマシン反対派のアナタが「コーヒー好きでしょ、これどうぞ」と、もしプレゼントでこれをもらってしまったら?

Evan Boothさんが「好きじゃないコーヒーをこのマシンで作るくらいなら、他のものに変えてしまえ」ということで作ったのが、なんとロボット義手

もちろんこれは、日曜大工でささっとできるようなプロジェクトではありません。Boothさんのロボット義手の材料は、キューリグK350のコーヒーマシンのパーツ、接着剤、12Vの電源装置だけですが、なんと完成には200時間かかっています。淡々と作業をこなしてやっと完成したロボット義手は「Hedberg」と名付けられました。

これが200時間の成果。コーヒーマシンから本格ロボット義手を作っちゃった 1

指5本は全部ちゃんと開いたり閉じたりできて、コーヒーが入ったグラスをしっかり持ちあげるほどのパワーを持つHedberg。誰かのゴミは誰かの宝物とは言ったものですが、自分で宝物を作っちゃったわけですから、あっぱれですよ。

source: YouTube, Laughing Squid

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(リョウコ)