Xデーは2017年。Googleが全画面広告を表示するモバイルサイトを一掃!

Xデーは2017年。Googleが全画面ポップアップのモバイルサイトを一掃!

携帯の画面いっぱいに、広告を表示するサイトが増えてきましたよね。

そこでGoogle(グーグル)が、広告によって、モバイルの検索結果から一度でコンテンツにアクセスできないサイトの検索ランキングを落とすことを公式ブログで発表しました。来年、2017年1月10日から実装のようです。

正確には「検索ランキングが、今ほど高くランクされなくなる」と書いてますが、要するに下がるってことっすよね。

ペナルティの対象となるのは、主に画面全体に表示される広告(インタースティシャル)を採用し、コンテンツへのアクセスを阻害しているモバイルサイトです。Googleの公式ブログでは、ランキングを下げる対象になる広告ならない広告の例が挙げられています。

ランキングを下げる対象になる広告

Google ランキング 下げる NG例

左から

・検索結果からジャンプした直後、あるいは閲覧に、全画面広告が表示され、メインのコンテンツが隠れて見えなくなるサイト

・メインのコンテンツにアクセスする前に、ユーザーが非表示ボタンを押さないと消えない、スタンドアロン型インタースティシャルを表示するサイト。

サイト上部にスタンドアロン型インタースティシャルを表示するサイト。(ただし、スクロールダウンすればコンテンツを閲覧できる)

ランキングを下げる対象にならない広告

Google ランキング 下げる OK例

左から

・法的な義務によって、ユーザーにコンテンツへのアクセスの同意を求めるインタースティシャル。
例:クッキーの使用許可、年齢の確認

・一般アクセスできないコンテンツのログイン画面
例:
メール、有料コンテンツ

・画面の適度な面積を占め、簡単に消せるバナー広告
例:
SafariやChromeのアプリのインストール広告

そんなわけでみなさま、この大きな広告を、今のうちに穴の開くほど堪能しましょ~。

image by Google

source: Google via Search Engine Land

(satomi)