つまめるサイズ! 極小の360度カメラが冒険心をかき立てる

Nico360の画像

小さければ、もっと気軽に冒険できるはず。

上のカメラは新たに登場したGoProのクローンカメラ…などではなく、なんと前後にレンズを搭載した世界最小を謳う360度カメラ「Nico360」です。耐水機能やライブストリーミングに対応するなど、機能性も十分。早速その詳細を見てみましょう。

Nico360は前後に2つの1,600万画素カメラを搭載し、F2の明るいレンズと組み合わせて、360度映像を撮影します。撮影できる静止画は2,500万画素の画像となり、また動画は最大2,560×1,440ドット/30fpsとなります。今流行の4K解像度には対応していませんが、実際の編集の手間を考えればこれくらいの解像度がベターという考え方もできますね。

また360度映像の撮影モードはフラット、球面、プラネット、VRから選択できます。

Nico360を手首につけた写真

本体は46×46×28mmで96gと軽量コンパクトそのもの。さらに自転車やバイクだけでなく、手首にマウントできたりと、自由に使いまわせます。内蔵ストレージは32GBで、microSDカードで増設も可能。またWi-Fi連携によりFacebook LiveやYouTube 360 live、そしてNico360独自のNico360 Liveへとライブストリーミングを配信できます。

なお、360度カメラとしてはリコーのTHETA S、ニコンのKeyMission 360、サムスンのGear 360などがありますが、Nico360はそれらに比べても1回りほど小さな設計です。

Nico360はクラウドファンディングサイトのIndiegogoにて開発資金を募集しています。現時点では139ドル(約1万5000円)で1台予約できます。製品の出荷時期は今年の12月です。

source: IndieGOGO via gizmag

(塚本直樹)