カメラで顔認証、GPSで場所も特定。アルコール依存症の治療を助ける呼気分析計「SL 2」

アメリカの健康機器メーカーのSoberlink

道でお巡りさんが使うやつではありません。

アメリカに、Soberlinkという健康機器メーカーがあります。主にアルコール依存症の患者のための「呼気分析計」を販売しているのですが、それにはウェブカムやGPSがついているんです。一体どういうことなのでしょうか。

アルコール依存症のリハビリのひとつに、呼気を計測し、飲んでいないことを証明するというものがあります。しかし当然ながら、別人の呼気を送れば、テストは簡単にクリアできてしまいます。

そんな小ずるい手を阻止すべく、Soberlinkが呼気分析計「SL 1」を発表したのは、2011年。この商品は、スマートフォンとの連携が可能で、使用中の顔写真を撮影し、GPSで場所まで特定した上で、データを病院やリハビリセンターに送信するというもので、世界初のスマートフォン対応呼気分析計となりました。

その後同社は、アメリカの携帯電話事業者のVerizon Wirelessと提携し、通常の分析計とGPS、それに顔認識システムがついたカメラを搭載した「SL 2」を発表。これは単体で動くため、Verizonのネットワークに入っていればスマートフォンすら不要となりました。

Verizonとの提携した「SL 2」

医療系メディアのMedgadgetによると、この機器によって記録されたデータは、裁判の証拠としても利用できるものとして、アメリカ食品医薬品局(FDA)から正式に認可を受けたそうです。

SL 2、GPSや顔認証システム

アメリカ国立衛生研究所によると、年間約8万8000人がアルコール関連の病気で亡くなっており、1600万人がアルコールによる何かしらの悪い影響を受けているとのこと。

Soberlinkは「(アルコール依存症に限らず)長く自分の健康状態を記録しておくことは、大変有意義だ」と語っています。

アルコール依存は、やや印象が悪いこともあり、表に出にくいともいわれています。治療も大変苦しいとのことですので、こういった機器が役に立つといいですよね。

image by Soberlink

source: Soberlink via Medgadget

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)