一人二役でギターとキーボードを弾いてガンズ・アンド・ローゼスの名曲を演奏

一人二役でガンズ・アンド・ローゼスの名曲をカバー

DEXがカンストしている。

一人で複数の楽器を演奏するワンマン演奏は、どうしても何かしらの工夫が必要となるもの。ギターとキーボード同時に弾きこなせるのは、カイリキーかアシュラマンかモノ子くらいでしょう。

そう思っていた時期が、僕にもありました。Gabriel Guardianさんのワンマン演奏を見るまでは――

音だけ聞いたらとても一人で演奏しているとは思えないほどの同時演奏っぷり、これはすぎょい……。

ハードロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズの名曲「Sweet Child O' Mine」の特徴的なリフを左手のタッピングだけで実現し、鍵盤で和音やメロディを弾いています。っていうかソロのハモり部分、なんだこれほんとに人間業か。

こちらはサンタナの「Black Magic Woman」のカバー。ギターとキーボード、どちらも非常にハイスキルなのがわかります。

Gabriel Guardianさんは24歳で、プログレッシブ・メタルバンドIMMORTAL GUARDIANと、電子音楽デュオFYERという2つのグループに属しています。両手利きという個性をいかんなく発揮した素晴らしいパフォーマンスでした。

source: YouTube via GearGods, YouTube, immortalguardian, fyer

ヤマダユウス型