CMでおなじみ。きれいに積み重なったハンバーガーの撮影の裏側

ハンバーガー 撮影 裏側

コマーシャルでみる、CGのようにきれいに出来たハンバーガーの映像はどのように撮影されているのか。

上からフレッシュな具材が次々と落ちてきて、重なって出来たきれいなハンバーガー。よくファストフード店のコマーシャル映像で見る光景ですが、考えてみれば上から具材を落としても、こんなにきれいなバーガーはなかなかできなさそうです。ではどうやって撮影されているのでしょうか?

才能あふれるビデオグラファーのSteve Giraltさんは、どうしてもCGなしでハンバーガーのコマーシャルを作りたかったそう。カメラの動きとハンバーガーの具材が落ちる動きを、完璧にシンクロさせ撮影しました。完成した映像の出来ばえは、いかに⁉︎

まず、こちらが完成バージョン。

そして、こちらが撮影の裏側バージョンです。

カメラと具材の動きがシンクロする仕組みは、カメラの動きをコントロールする装置によってなされています。しかもこの装置はGiraltさんの自作で、具材ごとにカメラのピントが合うように作られている特製のものなんです。ハンバーガーの具材に通してあったゴムが切られると、装置に備えられたカメラが、落ちていく具材を追って撮影します。具材が落ちたあとは奇跡の着地を見せていますね。

こんなに完璧できれいなハンバーガーを見てたら、なんだか食べたくなってきちゃいます。レストランでもこれくらいきれいな形で出てきてくれたらいいんですけどね。

source: Vimeo - Steve Giralt, PetaPixel

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(リョウコ)