iPhone 7のコンセプトイメージ

コンセプトイメージ image by Marek Weidlich

かっこいいiPhoneになるといいな。

実は今年のiPhoneよりも噂が多いんじゃないかと思える、2017年の新型iPhone。この新型iPhoneでは全面ガラスデザインや有機ELディスプレイの採用がされていますが、Nikkei Asian Reviewは台湾Foxconnが新型iPhoneのガラス製筐体を開発していると伝えています。

Foxconnといえば、iPhoneの主要組み立てメーカーとして有名です。さらに、同社はiPhone 6s Plus、iPhone SE、そして今年のiPhone 7 Plusの金属製筐体も製造します。

回帰か、それとも後追いか

Samsung

iPhoneといえば、iPhone 4やiPhone 4sでは前面、背面の両方にガラス素材を用い、金属製のフレームを挟み込んだその美しさには定評がありました。しかしiPhone 5からは背面素材がほぼ金属製となり、iPhone 6からは丸みを帯びたものになりました。

背面素材を金属に変更したことで落下によるガラス割れの可能性は減りましたが、いまだに高級感のあるガラス製筐体を懐かしむ声があるのも確か。その意味で、Appleが来年の新型iPhoneでデザインを「回帰」させる可能性は十分にあります。

さらに最大のライバルとなるSamsungのGalaxy S6Galaxy S7では、本体の両面に強化ガラスが採用されています。そのデザインは非常に美しく、Galaxy S6の頃から「Androidスマートフォンの品質もiPhoneに並んだな」と思ったものです。

現在iPhoneは販売好調とはいえず、先日発表された決算ではiPhoneの出荷台数が前年同期比を下回りました。このような状況を見て、AppleがiPhoneのデザインを元に戻す、あるいはSamsungのスマートフォンのように質感重視なものに変更するのかもしれません。

できることなら、今年発売される次期iPhone(通称:iPhone 7)でこの変化を見たかったものですが、iPhone登場から10周年となる2017年はメジャーアップグレードには悪くないタイミングです。ここらで「iPhoneにしかできない!」とうならせる、美しいデザインのiPhoneを見てみたいものですね!

Top image by Marek Weidlich

source: Nikkei Asian Review

(塚本直樹)