「手ぶら」ならではの没入感。IntelのVRヘッドセット「Project Alloy」

IntelのコードレスVRヘッドセット

動き回っても問題なし!

Intelが独自のVRヘッドセット「Project Alloy」を発表しました。Oculus RiftHTC Vineの真っ向ライバルとなる端末です。競合他社と異なりかつ魅力となるのは、ヘッドセットが完全コードレスだということ。(トップ画像にあるコードは、デモ用の映像を撮るためのもの)

コードレスを実現したのは、Intelのカメラ技術RealSense。ユーザーのいる周辺環境をマッピングするのですが、なんとユーザーの手までマッピングしています。下のGIFはデモの様子。カメラがとらえた周辺環境データをバーチャル世界と融合させるこのアイデアを、Intelでは「Merged Reality(融合現実)」と呼んでいます。

マッピング技術の他、コードレス化するためにプロセッサ、センサ、コントローラなどなど全てをヘッドセットに詰めこんだのは大したものです。コードがないので自由に動くことができ、よりあっちの世界(ヴァーチャルリアリティ)に没頭できるというもの。

1つ残念なのは、デモではRealSenseカメラの動きがイマヒトツだったということ。ユーザーが求めるヌルヌル感に達していないというか、まぁスムーズじゃないわけです。ただ、Project Alloyは2017年後半にハードをオープンソース化する予定で、近々製品化するわけではありません。

それにIntelはMicrosoftと提携しています。AlloyはHololensのソフトである、Windows Holographicに対応。そして2017年はWindows 10のアップデートで、一般的なPCでもWindows Holographicが利用できるようになる予定です。

VRが真の盛り上がりをみせるかどうか、まずはこれから数年が正念場です。

image: Project Alloy

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(そうこ)