クラゲからモーツァルトまで、さまざまな動物の知能の高さ

クラゲの知能ではシンプルな考えだけ

あるゾウは8歳児と同じくらいの知能があるんですって。

まずはクラゲ。クラゲはとてもシンプルにできているため、複雑な考えができません。ネズミは新しい行動を学ぶことができトレーニングも少しすることができます。

イルカの知能は人間のように遊ぶことができるほど

もう少し大きい哺乳類になると、イルカは人間のように遊び、ゴリラは道具を使うことができます

その次は普通の人間。普通の人間の中でも知能の差がありますよね。すぐに物事を理解できる人もいればそうでない人も。その次は「gifted person」と呼ばれる普通の知能の人たちより物事を深く理解する英才の人たち

モーツァルト、ホーキング博士は天才とよばれる

そしてモーツァルトやスティーブン・ホーキングのような天才と呼ばれる人たち。モーツァルトは音楽を一度聞くだけで同じ曲を弾けたそうです。でも普通の人間の私たちには強い味方、Spotifyなどのアプリがありますからね!

source: Casually Explained

Angela Chen - Gizmodo SPLOID[原文

(リョウコ)