iPadの使用イメージ

iPhoneのPlusモデルみたいな感じかな?

昨年登場したiPad Proは純正キーボードカバーやApple Pencilが使えて高評価でしたが、Appleはそのラインナップを拡充させるかもしれません。MacRumorsによれば、実績あるアナリストことミンチー・クオ氏は、来年10.5インチの新型iPad Proが登場し、2018年にはiPad Proに有機ELディスプレイが搭載されるだろうと報告しているんです。

クオ氏の報告によると、2017年に登場するiPad ProはiPad Pro 2 12.9インチ、iPad Pro 10.5インチ、廉価版iPad Pro 9.7インチの3モデルになるとのこと。うーん、多いですね…。正直9.7インチモデルと10.5インチモデルでどう差別化していくのか気になりますが、9.7インチモデルが廉価版になるということは、iPad Proの主流モデルが10.5インチに移行するのかもしれません。

またこのiPad Pro 2 12.9インチとiPad Pro 10.5インチモデルは台湾TSMCが製造する「A10Xプロセッサ」を搭載し、10.5インチモデルは教育関連のマーケットへもアピールしていくそうです。一方、廉価版iPad Pro 9.7インチは現行と同じA9Xプロセッサを搭載しつづけるとのこと。

さらに、2018年にはiPad Proに有機ELディスプレイが搭載されることで「iPad Proのデザインに抜本的な変化」が訪れるといいます。この変化については具体的には触れられていませんが、ユーザーの操作方法が変わるとの指摘を信じれば、「曲面ディスプレイを搭載する」などの可能性がありそうです。

今回の報告ではiPad miniの行く末については伝えられていません。5.5インチのiPhoneのPlusモデルが好評な今、もしかしたら消えてしまうのでは…心配ですね。それに、手元のiPad Pro 9.7インチのキーボードカバーも10.5インチモデルでは使えないんだろうな…。

top image by Denys Prykhodov / Shutterstock.com

source: MacRumors

(塚本直樹)