リーク写真

あれば嬉しい急速充電。

Androidスマートフォンではいまや当たり前となった急速充電。そしてiPhoneでも、次期iPhone(通称:iPhone 7)ではより高速な充電をサポートするかもしれないとMacRumorsがTwitterユーザーの投稿をもとに伝えています。

ツイートをしたのはThe Milignantさん。この画像から読み取れる情報は少ないのですが、一緒に「情報によればiPhone 7では最低5V/2Aでの充電ができる」とつぶやいていますね。うーん、本当かな?

現時点では、iPhoneには1A/5Wの純正充電器が付属しているものの、MacにUSB接続するなど、充電環境によってスピードが変わってきます。またMacお宝鑑定団blog[羅針盤]によれば、2.1A/12Wに対応したiPad用充電器などを利用することで、iPhone 6/6 Plusでも1.4〜2.0Aで高速に充電できることがわかっています。

また海外サイトのAnandTechによれば、iPhone 6sの満充電時間は2時間弱、iPhone 6s Plusは2時間50分ほどとなっています。iPhone 7/7 Plusの充電スペックが向上すれば、この時間が短縮できるかもしれません。

最近はポケモンGOなどのARゲームですぐバッテリーが減ってしまうので、再充電が早くなればそれはありがたい話ですね!

source: MacRumors

(塚本直樹)