防水パーツが原因? iPhone 7/7 Plus、発売開始時に品薄になるとの噂

品薄というと、iPhone 5sのゴールドを思い出す…。

いよいよ9月にも発売されるであろう次期iPhone(通称:iPhone 7)ですが、気が早いのかすでにその出荷状況に関する噂が伝わってきました。

なんと、iPhone 7/iPhone 7sの両機種とも発売当初は品薄になるというのです。

ソース元のNikkei Asian Reviewによると、iPhone 7に採用される「防水スピーカー」と「デュアルカメラ」部品が品薄の原因なんだとか…。ん? 防水スピーカー? これはもしかすると、iPhone 7の防水仕様への布石なのかもしれませんよ!

iPhone 7では5.5インチの「Plus」モデルでデュアルカメラが搭載されると噂されています。これまでも数多くのデュアルカメラ用の穴が空いた本体部品も流出しており、iPhone 7 Plusでカメラ性能が大きく向上することはほぼ間違いなさそうです。

さらに、iPhone 7でも光学手ブレ補正機能が搭載されると流出パーツから予測されるなど、iPhone 7のウリは「カメラ性能」になりそうです。

さらに、iPhone 7ではイヤホンジャックを廃止したりホームボタンを感圧式にするとの情報もあり、その点からも防水機能を実現する、という噂が出ています。そして今回報じられた「防水スピーカー」という新情報を合わせると、いよいよ噂が現実になる可能性がぐっと高まってきた気がします。

なお、今回の報道では「Apple(アップル)は昨年に比べて新型プロセッサーの発注を15%減らしている」とも伝えています。なぜ弱気なんだ、Apple…。防水でカメラ性能が向上しておサイフケータイ機能にも対応すれば、すくなくとも日本では大人気になるはず!

Top image by TechTastic
source: Nikkei Asian Review via Phone Arena

(塚本直樹)