未来のiPhoneは自分を盗んだ泥棒の証拠をみずから記録する? Appleの新特許が判明

証拠はすべて揃っています。

憎むべき、スマートフォンの盗難。国内なら電波を止めることができますが、気づけば海外に流出していた…なんて事態も。泥棒を少しでもひるませるためなのか、Apple(アップル)写真と指紋をひっそりと保存する特許を出願していたことがわかりました。

The Vergeによると、「トリガー・コンディション」と呼ばれる状況下で写真や指紋の保存が行なわれます。これはサードパーティー製デバイスによる権限のないアクセスや、セキュリティ機能を迂回しようとすると発動。保存は写真や指紋だけでなく、動画や環境音も可能です。

実はすでに、セキュリティ関連の設定を変更しようとしたりするとフロントカメラで写真を撮影する「Lookout」というアプリがあります。写真にくわえて今回の特許のように指紋も採取できれば、警察などへの届け出で有効に利用できそうです。

ただしこのようなユーザーに気づかれずに個人情報を集める機能は、Appleのセキュリティに関する信頼を揺るがしかねません。また、iPhoneに保存される指紋は暗号化されており、セキュリティを状況にあわせて変化させることも問題を生じそうです。

アイデアだけなら面白そうな写真と指紋の自動保存機能ですが、現実にたち返ってみると意外と実現は難しいかもしれません。やはり、スマートフォンなどの貴重品は肌身離さず持ち歩く…のが一番の防御策のようですね。

top image by Yeamake / Shutterstock.com

source: USPTO via The Verge, Lookout

(塚本直樹)