DCコミックス最狂のヴィラン「ジョーカー」が映画の中で殺した人数

ジョーカーのキルカウント

意外な数字に。

アイアンマンキャプテン・アメリカの劇中での殺害数をカウントしたMr Sunday Movieが、今度は「スーサイド・スクワッド」で話題のDC最狂ヴィランジョーカー」が映画の中で殺した数をカウントしています。

ティム・バートン、ジョエル・シュマッカー、クリストファー・ノーランによる実写映画に加え、「マスク・オブ・ファンタズム」や「ダークナイト・リターンズ」といったアニメ版の殺しも数えられています。

また直接的な描写のある殺しだけでなく、間接的に殺したことが判明するものもカウント。ニュースでの「新たに6人が犠牲となりました」という報道で一気に6人増えたり、ビルが吹き飛ぶととりあえず100人増えたりするというあたりの、ざっくりとした足し算が不謹慎ながら面白いです。

そんなジョーカーの合計数は1,027人。

「Movie Kill Count Supercut」によれば、彼の宿敵であるバットマンの殺害数は、とりわけ容赦なかった「バットマンvsスーパーマン」を含めても100人にも満たない数ですが、「マン・オブ・スティール」で大暴れしたスーパーマンは数千~数万人は殺していそうな勢いで測定不能となっているので、ヴィランの割には意外と少ないかも……?

2016年9月10日公開の「スーサイド・スクワッド」ではどれだけ記録を伸ばしているのか、その殺害数にも注目しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

source: YouTube1, 2, 3, 4

傭兵ペンギン