2017年、スマホのバッテリーが2倍に? MIT関連企業から新技術登場

2017年、スマホのバッテリーが2倍に? MIT関連企業から新技術登場

もうプロトタイプはできています。

いつまでも終わることのない、スマートフォンの高性能化とバッテリー容量のせめぎあい。たとえバッテリー容量が年々増えたとしても、大画面液晶や高性能プロセッサが一気にそのアドバンテージを奪ってしまう、というのがこれまでの流れでした。でもMIT関連企業が開発したバッテリーの新技術は、「来年にもスマホなどに使われるリチウムイオンバッテリーの容量を2倍にできる」可能性があるんです。

Engadgetによると、MITのスピンオフとして設立されたSolidEnergy Systems社が開発した新バッテリーは、既存のリチウムイオンバッテリーの改良版です。現在の生産ラインで製造可能で、2017年の量産が計画されています。すでにiPhone 6で動作するプロトタイプも試作済み。かなり実用に近い技術となっています。

通常リチウムイオンバッテリーの陰極にはグラフェンを利用するのですが、新バッテリーでは非常に薄くエネルギーの高いリチウム金属箔を採用。より多くのイオンを保持し、大きな電力を取り出すことができます。また、電解質の調整によってバッテリー寿命と安全性も向上…など、いいことずくめなようですね。

このような高エネルギーなバッテリーはバッテリー駆動時間を伸ばすだけでなく、「バッテリー容量を維持したままの機器の小型化」も可能にします。現在スマートフォンメーカーはさらなる端末の薄型化を計画しており、新技術は必須となるでしょう。

個人的には、ちょっと分厚くてもいいから1日まるまる使えるスマートフォン、って選択肢も見てみたいですけどね。

source: Engadget via 9to5Mac

(塚本直樹)