座布団みたいなアコースティック系電子楽器「Mune」資金調達中

座布団型(?)電子楽器「Mune」

座っちゃNOです。

アコースティック楽器に触発されて生み出されたという、新発想な電子楽器「Mune(ミューン)」がKickstarterで資金調達を開始しました。

先行試奏の様子はちょくちょく公開されていましたが、ようやく生産のメドが立ったというところでしょうか。

動画はMuneのチャンネルに公開されているもの。

あまりにも斬新な見た目なので、楽器としてどうしたらいいのか……という印象ですが、以下の5スタイルでの演奏が想定されているようです。

5種類の演奏の仕方

それぞれのボタンやタッチパッドはビートやサンプルに割り当てられ、DJミュージックのような演奏を直感的に行えるのが特徴とのこと。設定はPCに接続して専用アプリから行います。アプリのデザインもオシャレ。

アプリの画面

アコースティック楽器に影響されたというだけあり、運指やリアルタイムでの演奏を強く意識しているように見受けられます。ノブやファンクションキーの類いも見当たりませんし、従来のMIDIコントローラー、DJコントローラーとの大きな違いはそこでしょう。

実際の使い方としてはPCで音色やビートを設定し、Bluetoothでスピーカーに接続したら、あとは演奏するだけ。MIDIにも対応しており、Ableton LiveやTraktor、GarageBandなどのDAWも鳴らせます。となると有線でしょうから、膝ではなくデスクに置いてコントローラーとして見た方が扱いやすそうです。

などなど、運用のバリエーションもアイディア次第な「Mune」は776カナダドル(約6万円)からの投資でゲットできます。実用レベルでの運用は以下をご参照ください。

source: Kickstarter, YouTube1, 2

ヤマダユウス型