世界初? 写真アプリPrismaを駆使したミュージックビデオ

写真アプリPrismaを駆使したミュージックビデオ

タッチはポール・セザンヌジョルジュ・ブラックか

世界中で大人気のニューラル・ネットワークとAI(人工知能)を組み合わせたアプリPrisma」。写真を鉛筆スケッチや印象派の絵画のように加工するアーティスティックなツールです。

過去に一枚一枚加工した写真をつなげた動画がありましたが、今回はPrismaを豪快に使用したミュージックビデオが現れました。

THE MARY SUEが取り上げたDrive like Mariaの動画でした。

こちらは2005年に結成されたベルギー/オランダのドライヴ・ライク・マリアの曲「DEEP BLUE」のMVです。ドライヴ・ライク・マリアはオランダの映像プロダクションSixteenbynineと手を組み、一度普通にMVを撮った後に全フレームをPrismaで一枚ずつフォルターにかけいき、完成させたとのこと。

1,828フレームを終わらせるためにバンドメンバーの3人が600フレーム(+誰かが端数28)ずつを担当しています。1フレームにつき加工に30秒かかるので、フィルターをかける作業だけで5時間を費やしたそうです。

彼らはPrismaが大好きとのことですが、MVを作るまでとは……。なんとも気の遠くなるような作業です。

image: YouTube
source: YouTube via DRIVE LIKE MARIA, Sixteenbynine via Laughing Squid, THE MARY SUE, Prisma

岡本玄介