火星探査機キュリオシティを操作できるNASAのミニゲームがなかなかかわいい

火星探査機キュリオシティを操縦できるゲームMars Rover

祝! 火星到着4周年!

今年の8月6日で、火星探査機キュリオシティが火星に到着してから4年が経ちました。それを記念して、NASAのジェット推進研究所(JPL)は火星探査機を操縦できるミニゲーム「Mars Rover」をリリースしました。

デスクトップアプリとスマホアプリでリリースされている「Mars Rover」は、火星の大地を探査するローバーを操縦するスクロールゲームで、走行距離やレーダーが地下に眠る水を探知した回数に応じてポイントが加算されていくもの。本物の火星探査機のように、タイヤが破損するなど動けなくなればゲームオーバー

現に火星を探査中のキュリオシティはタイヤに大きめの石が挟まるなんてトラブルもありました。4年もの間、火星の砂漠を走り続けたタイヤはこんな姿に…。

キュリオシティのタイヤに石が挟まるトラブル

ちなみに「Mars Rover」のウェブサイトを下にスクロールしていくと、火星探査機や火星にまつわる豆知識が掲載されていますよ。かわいいゲームに興じるもよし、コラムに目を通すもよし。

image by NASA/JPL-Caltech/MSSS

source: NASA

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(たもり)