ドーピングなしで、五輪の水泳競技者の技術を上げるテクノロジーとは?

プールで泳ぐ人

音の力を借りて泳ぐ。

開催中のリオ五輪では、日本選手団の金メダル第1号が生まれた水泳。もはや人間の運動能力の限界まで極めたかのようなスピード感でしたが、泳ぐ技術をさらに向上させてくれるテクノロジーが開発されました。

このテクノロジーは、泳いでいる間の水圧の変化をデータ化し、それを音に変えて、人間の耳で認識できるようにしたもので、Swimming Sonificationと呼ばれています。Sonification(音波処理)と呼ばれるプロセスを経ることで、競泳競技者たちは「音」を利用して技術を上げられるのです。

開発したのは、ドイツのビーレフェルト大学のCluster of Excellence Cognitive Interaction Technology (CITEC)の研究者たち。どのような仕組かというと、圧力センサーの役割を果たすチューブがついたグローブを装着して泳ぐことで、指の間を流れる水圧が計測されます。そのデータはチューブに繋がる計測機器からコンピュータへと送られて音に変換され、泳いでいる人のヘッドフォンへと流れます。つまり、音の変化から泳ぎのフォームを修正することが可能なのです。

このように作られる音のデータの活用法として、「聴くことで、泳ぐ人が水圧の変化を覚えれば、よりよい判断ができる。例えば、同じような体力でもっと推進力を出せるかもしれない」と語ったのは、このプロジェクトに携わっているBodo Ungerechts博士。速く泳げた時の音を聴いて、それをイメージトレーニングに使うこともできるとか。

2015年9月に、国際大会への出場資格のある3名を含むプロの競泳競技者10名がこのテクノロジーを試したところ、リアルタイムでのフィードバックが、技術向上に役立つと確認されました。さらに、オランダのPSVアイントホーフェン(フィリップス・スポーツ連合アイントホーフェン)の水泳チームは2ヶ月にわたりこのテクノロジーを使用して、結果を出しています。

CITECのThomas Hermannさんは「泳ぎのフォームについてリアルタイムでフィードバックが得られるのは、競泳競技者たちにとって有益なこと」だと語ります。「人は直接的なフィードバックを得られた方が早く学べる。なぜなら、そのフィードバックを即座に試せるからだ。この場合、彼らが新しいことを試すと音が変わるんだ」とも。

ビデオを見てもらえば一目瞭然ですが、このテクノロジーは現在、数人がかりで使われています。研究者たちは今後、泳ぐ人のみで使えるように簡素化し、トレーニングのプログラムに組み入れたいとのこと。

ゆくゆくは五輪に出場するような選手がこのテクノロジーが使うようになるかもしれません。そうすればドーピングに頼らずとも、新記録が生まれていくかもしれませんね。

image by Shutterstock

Source: Bielefeld University

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(たもり)