名作ゲーム「ゴールデンアイ 007」のファンメイド・リメイクが登場

リメイク版「ゴールデンアイ 007」

個人によるリマスター版です。

1997年にNINTENDO64でリリースされて以降、今でも名作ゲームとして根強い人気を誇るFPSゲーム「ゴールデンアイ 007」

続編的なゲーム「パーフェクトダーク」やEAから別の「ゴールデンアイ」のゲームは出ていますが、「ゴールデンアイ 007」にこだわったファンが10年の歳月を費やし、画質や音質などを向上させた「ゴールデンアイ:ソース5.0」を公開しました。

以下よ、そのトレーラーをチェックしてみてください。

こちらはTHE MARY SUEに掲載されたGoldenEye: Sourceの動画でした。

本作の制作には「カウンターストライク」や「ハーフライフ」にも採用された、Valveソース・エンジンが使われています。

今でこそバージョンが「5.0」ですが、YouTubeチャンネルにはそれ以前に公開された6年前の「4」のティザーや7年前の「3.1」のトレーラーなども公開されているので、コツコツやってきたことに感心せざるを得ません。

オリジナルからの細かな変更点は無数にあると思われますが、主だったものは全25のステージが用意され、ビジュアルゲームプレイの改善および10種類から選べるモードがあること。

今のところWindowsのみの対応で、マルチプレイのみの対応なので要注意ですが、「ゴールデンアイ 007」のファンの方はプレイしておく価値がありそうです。

おそらく今後もアップデートはされ続けると考えられますが、最新版の「5.0」は無料でダウンロードでき、サウンド・トラック25曲も同じくダウンロードが可能です。

source: GOLDENEYE:SOURCE, YouTube via THE VERGE via THE MARY SUE

岡本玄介