より良い音を求めて。オーディオマニアが辿り着いた答えは「マイ電柱」だ

電柱を建てる人

終わりなき旅。

ただひたすらに「良い音」を追い続ける求道者、それがオーディオマニア。アンプやスピーカーに数百万円、時にはそれ以上の大枚をはたいてでも、究極の音を目指します。

そして、とある日本のオーディオマニアは、ついに家の庭に「電柱」を建てました。何がなんだかわからないと思いますが、私もわかりません。

弁護士の森田武男さんは、筋金入りのオーディオマニア。すでに600万円以上のアンプを使い、接続用のケーブルは金製と銀製という入れ込みよう。

しかし、それで満足しないのが真の求道者。いつだって改善の余地は残されているのです。「究極の音」を求め続けた森田さんは、電源を近所と分け合うことで電気信号にノイズが入っていると考え、よりピュアな電気のため、自分だけの電源、すなわちマイ電柱を建てることしたのだそうです。

電柱の費用だけではなく、それに伴う架線工事、変圧器やブレーカーの交換などを合わせ、かかった費用は4万ドル(約401万円)。これから月々の電気代はいくらになるのでしょうか…。

そのおかげか、森田さんは「音は確実によくなった」と話しているそうです。

ここまで来るともはや常人には理解できませんが、ご本人がそうおっしゃるなら間違いないのでしょう。この先には、マイ電線、マイ発電所という旅が待っているのでしょうか…。

image by TFoxFoto via Shutterstock

source: The Wall Street Journal via Ubergizmo

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)