五輪選手の理想の朝食は、肉とナッツ。以上!

焼かれた赤身のステーキ肉

ジュースとかパンとか牛乳とかは、いらない、と。

五輪選手みたいに運動で高いパフォーマンスを出すには、練習だけじゃなく食生活もとても重要です。でもよくあるダイエットみたいにガマンの連続はいりません。朝から肉やナッツをたくさん食べられます。というか、肉とナッツしか食べられないんですが…。

五輪選手やプロ選手を数多く育てたスポーツトレーナーのチャールズ・R・ポリクィンが、自身のブログStrength Senseiでアスリートの理想的な朝食メニューをポストしています。ある日はバッファロー肉のハンバーグとマカダミアナッツ、別の日はシカ肉のステーキにカシューナッツ、また別の日はグルテンフリーのチキンソーセージ8〜10本。なんとも肉々しいメニューで、体中がたんぱく質のかたまりになりそうです。ポリクィンによれば、このメニューは「最適な痩せ方とエネルギー、持続的な集中力」を実現するためのものです。

カギになるのは、血糖値のコントロールです。彼はこう言っています。

肉とナッツの朝食はドーパミンとアセチルコリンを高めます。どちらも集中力とやる気にもっとも重要な神経伝達物質です。

肉は血糖値をゆっくりと着実に高めます。ナッツからは、長時間にわたって血糖値を安定させる、健康に良い脂肪が摂取できます。

ただし肉やソーセージがあるからって、パンではさんじゃおうとか、一緒にジュース1杯くらい飲んじゃおうとか、そういうのはダメらしいです。ブログでは「何も足さないでください」と、そこだけはっきり大文字で書かれています。

さらに朝食後には、インスリン抵抗性を抑えるために魚油をスプーンひとさじなめるのがオススメだそうです。インスリンは血糖値を下げる働きがあるので、インスリン抵抗性を抑えると、血糖値が下げやすくなります。

ちなみに、バッファローとかシカ肉なんてどこで売ってるんですか…?という世間の多数であろう人たちは、卵とか、スモークサーモンみたいな魚を肉の変わりにしてもいいそうです。卵は心臓病を予防し、インスリン抵抗性を下げる働きがあるそうです。キャビアもそういう意味でロシアの重量上げ選手がよく食べているそうですが、卵は卵でもこれまたレアですね…。

ところで、ナッツはアレルギーがある人も珍しくないですが、そういう人にはアボカドとかブラックベリー、アンズ、グレープフルーツといった、果糖が少なく血糖値があまり上がらない果実がおすすめだそうです。アボカドとグレープフルーツくらいなら、近所のスーパーでも買えそうです。

ポリクィン氏のこだわりは血糖値を下げることだけではありません。肉とナッツには、ハードなトレーニングに必要なたくさんのカロリーが含まれていることも重要です。

そう、この朝食メニューはあくまでハードコアなアスリート用なんです。マイケル・フェルプスを目指してる人でもない限り、たんぱく質だけじゃなく炭水化物や脂肪もバランス良く入った朝食の方が良いのかもしれません。

でもポリクィン氏によれば、子どもでもアスリートでもなくても、朝にたんぱく質の多い食事をすると、午前中の生産性が上がって午後まで持続するという研究結果が複数あるそうです。毎朝ついついパンとコーヒーだけで済ませて、午前中なんとなくボーッとしがちな人(どっちも私ですが)は、卵とか肉っぽいものを朝ごはんに取り入れてみるとちょっと変わってくるかも?

image: Shutterstock

source: Strength Sensei via The Independent

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(miho)