時には昔の話をしようか。70年代のiPodこと、カセットチェンジャーのPanasonic「RS-296US」

70年代のiPodこと、カセットチェンジャーのPanasonic「RS-296US」

iPodが出てきて「音楽を1,000曲収納できます」なんて触れ込みで「ウォークマン」世代の度肝を抜いたのももう15年以上前のこと。それ以前は、CDやMDを複数収納しながら切り替えてくれるチェンジャーデッキなんてのがあったわけです。高価なシステムほど収納できるメディア数が増えて、中には12連装なんてモンスター級のものもありました。

それからiPhoneで音楽を持ち歩けるようになって、だんだんiPodユーザーも減った印象。さらにさらに、もはや音楽はストリーム中心になるなんていわれており、「音楽持ち歩いてたの?」なんて言われる時代も目前なのかなあ、と寂しくなります。が、そんな時は昔を思い出しましょう。

こちら70年代のカセットチェンジャー、パナソニックによる 「RS-296US」です。

重さ20kg弱と全くポータブルではないですが、味があってカッコいいです。再生する順番もプログラムできるという優れもの。回転式のデザインは後にCDのチェンジャーデッキで一般的になります。が、動画を公開したデッキの持ち主、YouTuberのTechmoanによると、カセットでこのデザインを持つのは極めて珍しいとか。

合計で20個のカセットを挿入することができます。一度入れてしまえば、取り出してひっくり返すことなくA面からB面へと自動で再生を切り替えてくれます。いや、もうA面、B面って概念自体がもう失われてしまいましたね。

録音、早送り、B面を先に再生という操作はできないという欠点もあり、それほどの人気商品にはならなかったようです。おそらく一番の理由はその値段。当時の価格で179ドル(1万8000円)、これは今の1000ドル(約10万円)ほどに値します。

それもあってか、いまでは人に自慢したくなるようなビンテージ製品として愛されているわけですね。実家のカセット、掘り出して聞きたくなってきます...。

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)