動く、動く。1枚の静止画が感動的なシネマグラフのように

動く、動く。1枚の静止画が感動的なシネマグラフのように 1

1枚だけ、1枚だけですよ!

ゆっくりと幻想的に画像の一部が動いて見えるこちらのGIF画像。

じつは数百枚の画像を使って完成したタイムラプス...ではありません。どれも1枚の静止画からできています。でも一体どうやって...?

Platograph Pro」とよばれるソフトウェアのデータ版を使って、写真の一部が幻想的に動いて見えるムービーを公開したのは、ボストン在住のRon Rismanさん

Platograph Proを使って完成させた12枚のGIF画像をつなぎ合わせたのが、以下のムービーです。

PetaPixelによると、どんな画像にもベクトル線を加えることができるというPlatograph Pro。画像を部分的に動画化してGIFやシネマグラフのように動いて見せることができます。

Rismanさんは、動画を制作した背景について次のように説明しています。

もともとPlatograph Proのアイデアは、静止画から画像の一部のみが動くシネマグラフを創り出すこと。でもぼくはこのソフトウェアにできることを知ってから、1枚の静止画像を使ってシークエンス景観のタイムラプスムービーを制作できるのか興味を持ったんだ。この動画がその結果だよ。

Plotagraph Proを使って12枚の画像それぞれの動きをデザインするところから、Adobe Premiere Proを使ってムービーを制作するまで12時間かかったんだ。BGMは、Art-list.ioで許可を取ってある。

この夏、アウトドアで撮影した写真をこんな風に編集できたら...格好つくこと間違いなし。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文

(Rina Fukazu)