ポケモンGOのアカウント停止措置について、運営側が詳細を発表

ポケモンGOのアカウント停止措置について、公式から詳細が発表

ゲームの運営って、難しいです。

以前にはポケモンGOに関する「不正アクセス」について発表を行なった公式運営ですが、今回は新たに不正行為を行なうユーザーのアカウントを停止するとのことです。

ポケモンGOのアカウント停止措置についての公式見解

今回の案内では「どのような行為がアカウントの停止措置につながるのか」「アカウントの停止措置の解除」について、詳細に解説されています。

まず停止措置につながる利用方法として、ボットの使用やデータの不正取得があげられています。そして、これらにはいわゆるPokevisionのような「外部のマップツール」の利用も含まれているのです。なぜならそのようなツールは開発者が隠れて情報を収集していたり、さらにはサーバーにDDoS攻撃と類似する負荷を与えることがあるからです。

ですがこのようなツールを利用しただけでの停止措置はなぜ停止されたかがわかりにくいとのことで、利用停止が解除できるようになったのです。

ただし、今後も利用停止に繋がる、あるいは利用停止が解除されない行為も指定されています。それは、「サーバーからデータを不正取得する第三者のマップツール」「遠隔操作によるポケモンの取得/ポケモンバトル/ジムの占拠/アイテムの入手」です。このような行為に対して、ポケモンGOの公式運営は利用停止を解除しないと厳しい態度で臨むとしています。

今回の声明で指摘されているように、ポケモンGOのローンチ時には外部のマップツールが多く利用され、さらに遠隔操作を行なうユーザーも見受けられました。今回そのような行為が明確に禁止されたことで、むしろ一般プレーヤーにとっては公平感が増したと感じられることでしょう。

今後もポケモンGOのプレイでは、自分の足で歩いて未知のポケモンを見つけ出す楽しさを大事にしたいですね!

top image by Kaspars Grinvalds / Shutterstock.com

source: Pokémon GO

(塚本直樹)