犬の精子が26年間で激減、原因は市販のドッグフード?

4匹の子犬たち

ドライでもウェットでも、問題の物質を含むものがあるみたいです。

犬の生殖能力が明らかに低下しているという研究結果が発表されました。原因として考えられるのは、ある種の化学物質を含むペットフードです。さらに心配なのは、人間の男性にも同様のことが起きているかもしれないということです。

Nature Scientific Reportsで発表された論文で、ノッティンガム大学のRichard G. Leaさん率いる研究チームは、オス犬の精子の質がこの26年のあいだで劇的に低下していることを示しました。研究チームはまた、いわゆる「環境ホルモン」とされる化学物質が成犬の精子や睾丸、そしてメジャーなドッグフードから検出されたことを報告しています。

「これはオス犬の生殖能力低下が報告される初めての事例で、我々はこれを環境汚染によるものだと考えています。ドッグフードや、犬の精子や睾丸でも汚染が見つかっています」と、Leaさんは語っています。また、「関連性を判断するためには研究をより深める必要がありますが、犬に起きていることは、人間にも起きているかもしれません。犬は我々と同じ環境にいて、同じような病気を同じような頻度でわずらい、治療にも同じように反応します」

Leaさんたちが調査したのは、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、カーリーコーテッド・レトリーバー、ボーダーコリー、ジャーマンシェパード、5犬種の種犬数千頭。彼らは26年間にわたって毎年42〜97頭の精子を採取し、精子の数が着実に減っていることを明らかにしたのです。

1989年から1998年にかけては毎年2.5%ずつ、2002年から2014年にかけては毎年1.2%ずつ、犬の精子は減っていきました。ちなみに遺伝的な要素は精子減少の原因ではないとされています。

さらにこれらのオス犬の精子からできた子犬では、停留精巣という異常を持つ確率が高くなっていました。犬でも人間でも、胎児のときに精巣がお腹の中から陰嚢に降りてくるんですが、それが途中で止まってしまうのが停留精巣です。

Leaさんたちがオス犬から集めた精子を分析したところ、フタル酸ビス(DEHP)とかポリ塩化ビスフェノール153(PCB153)といったいわゆる環境ホルモンが含まれていました。その濃度は、論文によれば「他の動物で生殖機能を混乱させることが証明されているレベル」にまで達していたそうです。

そんな物質が、いろんな種類の一般的なドッグフードからも、同様に高い濃度で検出されています。ウェットフードでもドライフードでも子犬用でも関係ないようです。

他の研究では人間の男性でも精子の質が下がっていることが示されていますが、因果関係はまだ証明されていません。Leaさんいわく、この研究は犬の精子の質低下と環境の関係、そしてその環境の人間に対する影響についての問題提起なんです。

…で、犬を飼っている人はどうすればいいんでしょうか? 今のところドッグフードの影響が示されているのは精子の数だけなので、飼い犬の子どもを作ろうとしているのでなければ、気にしなくてもいいっちゃいいみたいです。とはいえ問題は生殖能力だけなのかとか、人間は大丈夫なのかとか、いろいろ心配ですよね。

DEHPなどの環境ホルモンの危険性はだいぶ前から認識されています。食器に使っちゃいけないとか規制もされているみたいですが、まだまだいろんなルートで広がってるんでしょうね…。

image by Jagodka / Shutterstock.com

source: Scientific Reports

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(miho)