まるで工場見学。大型マシンで小さな実を収穫していく動画がたのしい

ご覧ください、このゆっくり前進する大きな機械と、ものすごいスピードで運ばれる小さな実の数...!

コンベアに運ばれながらスイスイ回収されていくのは、ジャムや果実酒などによく使われる赤や黒のスグリの実です。

収穫に使用されているのは、苗よりも大きめに設計されたというSamson SFM Technologyの専用刈り取り機。プラスチック素材の柔軟な回転する歯を持つ刈払機が、木から実を切り離すことで傷つけることなく収穫できるのだそうです。

それでは軽快なBGMとともに、オランダの農家で撮影されたスグリの実が収穫されていく動画をお楽しみください。

ちなみに大きなマシンを使って収穫するといえば...小さなポピーシードの種は大きな芝刈り機で大胆に収穫されて、さらに土のなかに埋まったジャガイモこのように掘り出されます。作物それぞれに異なる収穫方法があるのはもちろん、こんなに多種多様な機械があるんですね。

では最後に、高い木に実った大量のクルミは...? 正解は、なんと木をゆすって一気に収穫するなんていうまるでカートゥーンのような荒技によって収穫されるのでした。

Bryan Menegus - Gizmodo Sploid [原文

(Rina Fukazu)