ベッドから出ないで、ずーっと寝て過ごしたらどうなるの?

ベッドから出ないで、ずーっと寝て過ごしたらどうなるの? 1

ずーっと寝る、今年はオリンピックイヤー。日暮熟睡男を思い出します。

暑い、だるい、眠い…。1日中空調のきいた部屋でゴロゴロダラダラできたら幸せだろうなー。いっそのこと、ずーっと寝て過ごせたらいいのに。なんてことは、ダラダラ系の人間なら1度は夢見る生活です。その甘い夢を、現実的に打ち砕き解説しているのがLife Nogginのこの動画。ベッドから出ないでずーっと寝てるのは危険なんだってば!

お家のベッドでゴーロゴロしていると…。まず起きるのは床ずれ。体の重みとベッドにはさまれた圧力で、血液が行き渡らず細胞が死んでしまうことが原因です。それだけじゃありません、筋力が落ちます。筋力は1週間で10%から15%落ちるそうで、1ヶ月もゴロついていたらラップトップすら持ち上げるのが困難になります。骨も弱くなり、骨密度が低下。さらに心拍数はあがり、血糖値は下がり、血液に含まれる酸素も低下することから、体が常に酸素不足となり、疲れやすくなります。腎臓結石や肺炎のリスクが高くなると、いいことなんて1つもありません。

ちなみに、動画冒頭で紹介しているのは、実際にNASAが行なったゴロゴロ実験。微重力が体に与える影響を調査するのが目的で、被験者となった男性は70日間、ベッドで横になっているだけ。報酬1万8000ドル(約180万円)!

まぁ、動画の危険性があるのは、何週間も何ヶ月もベッドからでずにゴロゴロしていた場合の話。今日1日くらいゴロゴロしてたって痛くも痒くもありません。…いや、やっぱり起きてどっか行こうぜ!

source: YouTube - Life Noggin

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)