悪夢が具現化したかのようなミニフィグ人間

悪夢が具現化したかのようなミニフィグ人間 1

肌の質感や眉毛まで人間そのもの

サンディエゴ・コミコンに、超リアルなレゴの等身大ミニフィグが現れました。コスプレとしては若干地味かもしれませんが、とにかくキモい!

この悪夢のミニフィグ人間は「クリーピー・フィグ」と名付けられ、場内で他人の写真撮影にチャッカリ写ったり、レゴの公式ブースに立ち寄ったりしました。

こちらはSPLOIDが取り挙げていたTestedからの動画でした。

これを作ったのは特殊効果のプロフェッショナルフランク・イッポリトさん。突貫工事で一週間という制作期間だったため、排熱構造までは手が回らなかったとのこと。マスクの重さはなんと6.3kgもあると言うので、着ている中の人も暑いやら重いやらで悪夢のコスプレだったことでしょうね。

唇がうっすらピンク色だったり、手の指は指紋らしきシワや大きな爪まで再現され、とにかくこだわり抜いた恐怖のコスプレ……でも意外に子どもたちはフレンドリーに接してくれたようです。

source: YouTube via Frank Ippolito

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

岡本玄介