アルゴリズムでデザインパターンを生成して、手作業で作り上げる。テクノロジーとクラフトが融合した糸製ポートレート

アルゴリズムでデザインパターンを生成して、手作業で作り上げる。テクノロジーとクラフトが融合した糸製ポートレート 1

これぞ、テクノロジーを駆使した現代アート。

アーティストのPetros Vrellisさんは、2012年にインタラクティブなゴッホのアニメーションを制作し、その1カ月後には自作のアプリまで手掛けた人物。

そんな彼の最新のアート作品は、16世紀ごろの画家エル・グレコにインスピレーションを受けたポートレート。黒いコンピュータ・アルゴリズム、放射線状に糸を張っていく円形織り機を駆使して作り上げました。

Vrellisさんのウェブサイトによると、アルゴリズムを利用してデジタル画を入力、そしてデザインパターンを生成したそう。各パターンの生成には2億の計算結果が必要で、これはコンピュータの力を借りないと不可能なプロセスだったと振り返っています。

最終段階は、細かい部分まですべて手作業。200個のからみ錨に糸を3,000〜4,000往復、直線距離にして1〜2kmの長さの糸を地道に括り付ける作業が行なわれたそうです。そうして重なった線のつながりから、徐々にぼんやりとエル・グレコのポートレートに見えてきた瞬間はとても魅惑的。

多くのデジタル画を編み物のパターンに変換するのは容易かもしれませんが、なかでも限定的なデザインから認知可能な特定の人物を表現するのだから、ポートレートは興味深いとVrellisさんは述べています。

source: Vimeo via Hackaday

Darren Orf - Gizmodo SPLOID [原文

(Rina Fukazu)