サマラ再誕。ハリウッド版「リング」シリーズ最新作「リングス」予告編

ハリウッド版「リング」シリーズ最新作「リングス」予告編

飛行機の乗客、とばっちり!

日本だけでなく海外でも大ヒットしたホラー映画「リング」シリーズ。ハリウッド版でリメイクされた「ザ・リング」と続編の「ザ・リング2」も好評で、ハリウッド版の貞子ことサマラは今でも最恐のホラーモンスターのひとりとして名前が挙がるほどです。

今年、日本の貞子は「呪怨」の伽椰子と激突しましたが、この度ハリウッド版「リング」シリーズの10年ぶりとなる最新作「リングスの予告編が公開されました。

こちらはGeekTyrantが取り上げたParamount Picturesの動画。

そして以下は、JoBlo Movie Trailersがアップした中国版の予告編です。

呪いの動画を見てしまった彼氏を救うために自らを犠牲にしたマティルダ・ラッツ。果たして彼女はサマラの呪いから逃げることができるのか――

監督は「クロウ/飛翔伝説」のリメイク版にも参加するF・ハビエル・グティエレス、脚本は「ドリームハウス」のデビッド・ルーカ、「さよなら、僕らの夏」のヤコブ・アーロン・エステス、そして「フィフス・ウェイブ」のアキバ・ゴールズマンが担当します。新たにサマラの恐怖に直面するのは、イタリア出身のマティルダ・ラッツと英俳優のアレックス・ローです。

VHSが廃れてしまった今、サマラは活躍の場をインターネットへ移した模様。オリジナルでは手渡しとダビングで恐怖が広まりましたが、動画ファイルとなって被害者を増やすようです。

「リングス」の米国公開はハロウィンにあわせた10月28日です。

ハリウッド版「リング」シリーズ最新作「リングス」ポスター

image: Image: GeekTyrant, Rings, Paramount
source: GeekTyrant

中川真知子