ワシントン・ポストの五輪リポーター、実は人工知能だった!

ワシントン・ポスト リポーター 人工知能

人工知能リポーター、誕生。

米大手メディア、ワシントン・ポストが、リオ五輪の報道に一部、人工知能を採用していることを明かしました。使っているのは自社開発の人工知能「Heliograf」。すでにTwitterなどで活躍しています。

人工知能が五輪を報道すると言っても、Heliografが担当するのは試合結果やスケジュールを伝える短い文章のみです。機械的な内容とも言えますね。

Heliografはワシントン・ポストの五輪専用Twitterアカウント、@WPOlympicsbotの運営を担当しており、さまざまな競技の結果を随時伝えています。この試合結果速報は、ワシントン・ポストのライブブログ、Messengerのワシントン・ポストbot、Alexa対応端末でもチェクすることができます。なるほど、結果を知りたいだけならこれで十分です。

ワシントン・ポストは、五輪はHeliografのような人工知能リポーターの可能性をしらしめる絶好の機会であると考えています。2014年のソチ五輪では、スポーツ担当記者が試合結果をマニュアルで公開せねばならず、膨大な時間が費やされたことを例にあげ、Heliografの導入により、記者/編集者のリソースを解説や裏話などの多方面に割く事ことができるといいます。

ワシントン・ポストのデータサイエンス担当のSam Han氏は「Heliografのリリースは、ワシントン・ポストのマシーンラーニング利用において、次への自然なステップ」だと語っています。今後さらに開発は続けられ、スポーツ以外でもその活躍の場を広げていく計画です。将来的には大統領選挙での活用も予定されています。

人工知能、活躍の場はまさに無限。そりゃ、人間があせってしまうのも無理ないかぁ。

image by maxuser / Shutterstock

source: The Washington Post

(そうこ)