もうすぐ!はじまる!世界初の自動運転車レース「Roborace」テストカーを公開

世界初の自動運転車によるカーレース「Roborace」テストカー

高まる…。

世界初の自動運転車によるカーレース「Roborace(ロボレース)」。Formula E(フォーミュラE)が2015年11月に2016/17シーズン(2016年10月〜2017年7月)中の開催をアナウンスしてから、ワンメイクの競技車デザイン(レースに参戦する各チームが作るのはソフトウェアだけで、車体は共通というルール)を「トロン:レガシー」のダニエル・サイモンが手がけることがわかり、自動運転の頭脳となるシステムには毎秒24兆回の人工知能演算をこなすNvidia「Drive PX 2」が採用されることが発表され、レースをFormula Eとともに主催するKINETIK社のCEOが来日して「これまでのレーシングカーでは最速」、「AIの開発に熱心な日本の企業、例えばソフトバンクやホンダなどに参戦してほしい」とmotorsport.comに語り、レースに参戦する企業も8月中に発表できるとのことで、もう…もう心の準備はできました〜!と高まっていたのですが、ここにきてさらに強力な燃料が注がれました。

そう、Roboraceの開発用テストカー「DevBot」が公開されたんです。

えっ…人乗ってるじゃん、と思ったのですが、こちらは各チームが開発したソフトウェアをテストするために用意された車体。作りかけのソフトウェアでDevBotが暴走したときには制御する必要があるので、コックピットにドライバーが乗っておけるようになっているんですね。また、自動運転システムがどんなふうに動いているかを開発者がチェックする意味もあります。

世界初の自動運転車によるカーレース「Roborace」コンセプトイメージ

本番車両のコンセプトイメージ

つまり、あのコンセプトイメージと違う…とがっかりしかけた方も大丈夫です。これはあくまでテスト用。本レース用の車両はダニエル・サイモンをデザイナーに、まだまだ秘密裏に製作中です。Roboraceによれば2016年末までに公開される、とのこと!

ただテスト用とはいえ、このクルマが無人でサーキットをギュンギュン走り回り競うのか…と思うと、うっとりせずにはいられませんね。

世界初の自動運転車によるカーレース「Roborace」テストカー1

かっこいい…

.世界初の自動運転車によるカーレース「Roborace」テストカー2

かっこいいなあ……

テストカーDevBotは、現地時間で24日にイギリスのドニントンパーク・サーキットにて行なわれる、Formula Eのプレシーズン公開練習で初披露される予定です。

source: Roborace

(斎藤真琴)