まるで忠犬! どこでもついてくるスーツケース「CowaRobot R1」

自律走行スーツケースCowaRobot-R1

どこまでも、ついていきます!

スクーター風になったりセグウェイ風になったりと、技術革新がとまらないスーツケース。そんな中、まるで忠犬のように常にオーナーを追いかけつづける、けなげなスーツケース「COWAROBOT R1が登場しました。

SnapMunkによると、COWA ROBOTによって開発されたCOWAROBOT R1は動画のように、自律走行でオーナーを追いかけます。さらに専用ブレスレットでスーツケースを「召喚」したり、さまざまな連携が可能なんです。

まず自律走行についてですが、搭載したセンサー「CO-EYE」によって、まるでスター・ウォーズの「R2-D2」のように障害物や段差を避けながら移動できます。移動速度は最高時速約7kmと速すぎず、遅すぎず。オーナーをしっかりと追跡します。

まるで忠犬! どこでもついてくるスーツケース「CowaRobot R1」 1

そして面白いのが「召喚」機能。専用ブレスレットをダブルタップすると、自分のそばに駆け寄ってくれるんです。うーん、まさに忠犬ですね! 遠くに離れてしまった場合でも、ブレスレットが警告のバイブレーションで知らせてくれます。

スーツケースの開閉も、専用ブレスレットにお任せ。ロック部分に近づけるだけで自動でロックがはずれ、ケースを開けられます。

スーツケースCOWAROBOT R1のバッテリー機能

また、「これ系」のスーツケースではおなじみですが、取りはずし可能な大容量のモバイルバッテリーも搭載しています。長距離の移動だとトランジットで何時間も待つことはよくありますが、そんな時も力強い味方となってくれることでしょう。

このようにさまざまな機能がありながらも、33リッターと十分な収納容量を実現。さらに、本体側面にはノートパソコンなどの電子機器を入れておく専用ポケットもついています。なお、多機能かつ大容量であるものの、見た目はごく普通のスーツケースです

COWAROBOT R1はクラウドファンディングサービスのIndiegogoにて開発資金を募集中。499ドル(約5万1000円)の投資で、1台予約することができます。製品の出荷時期は今年の11月の予定です。

空港の利用が多く、少しでも移動で楽をしたい!という方に、この忠犬のような賢いスーツケースはきっと役に立つはずです!

source: Indiegogo via SnapMunk

(塚本直樹)