フー・ファイターズを感動させた1000人編成のバンドがスタジアムコンサートを開催

1000人編成バンドのライブ

参加型コンサートの究極系かも。

有名ミュージシャンやバンドのコンサートに1,000人の観客が訪れるのは普通ですが、イタリアで開催された「Rockin' 1000」では、スタジアムにやってきた1,000人が同時に同じ曲を演奏します

まずは今回のコンサートのきっかけとなった演奏をご覧ください。

Rockin' 1000よりフー・ファイターズの「Learn to Fly」でした。

この1000人の演奏は、2015年にフー・ファイターズをチェザーナに招聘するためのキャンペーンイベントとして、ファンが集まって行われたもの。結果的にフー・ファイターズ本人たちに届きチェザーナでのライブも実現しました。

その際に大きな話題となった1,000人の演奏が、スタジアムで披露されました。

こちらはLaughing Squidが取り上げた、Rockin' 1000の動画。各々が自慢の楽器を持ち込み、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード、そして少数のヴァイオリンとバグパイプに分かれて合奏するアウトドア・イベントとなっています。

続いて、実際に演奏された楽曲の数々をご紹介。まずは、Lorenzo Settiさんがアップしたザ・ホワイト・ストライプスの「Seven Nation Army」。

Andrea Goriniさんが撮影した、デヴィッド・ボウイの「Rebel Rebel」。

kush groodaさんより、1,200人が集まったニルヴァーナの「Smells like teen spirit」。

Thomas Biondiさんが撮影した、ラモーンズの「電撃バップ(Blitzkrieg Bop)」。

ANTONELLA LAIさんが投稿した、ザ・ヴァーヴの「Bitter Sweet Symphony」では、客席にもたくさんの人がいるのが見えます。

giorgio montesiさんの動画では、ジミー・ヘンドリックスの「Purple Haze」から始まり、レッド・ツェッペリンのメドレーも。この時にドラマーとして参加していたLorenzo Settiさんの自撮り動画でプレイヤーたちの熱気を感じ取ってみてください。

老若男女が集う巨大なセッション。ちょっとくらい間違えてもバレませんし(たぶん)、普通のバンド活動よりも何百倍もの一体感と達成感が得られそうです。

source: Rockin' 1000 via YouTube1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8 via Laughing Squid, Twitter

岡本玄介