見覚えのある黒ヘルメットが! 映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」予告編

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

コーホーコーホー

「エピソード3/シスの復讐」と「エピソード4/新たなる希望」の間に何が起きていたのか?を描く、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの予告編が公開されました。

戦闘シーンだけでなくドラマも見ものの、新しいシーンが満載の映像となっています!

海外版

日本版

こちらはStar Warsの公式チャンネルディズニー・スタジオ公式チャンネルにアップされたもの。

おなじみ帝国軍のテーマから始まり、「世界は破滅に向かっている。帝国の旗が銀河中を治めている」と語るのはフォレスト・ウィテカーが演じるソウ・ゲレラ。

日々帝国軍が力を増していく中、立ち上がろうとする反乱軍ですが、根っからの反乱者であるジーン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)は、当初は反乱軍からもあまり信頼されていないようで、「手枷なしでもお前を信用できるのか?」などと言われています。

そんな中、キャプテン・カシアン・アンドール(ディエゴ・ルナ)は「お前が本当にやる気なら助けたい」と語っているので、ジーン・アーソが信頼を勝ち取っていく過程も描かれるのかもしれません。

「長年反乱軍のために人を集めてきた」というキャプテン・カシアンだけでなく、「奴らは俺たちの故郷を破壊した。今では帝国軍と戦っている」という重装備のベイズ・マルバス(ジャン・ウェン)、そして「私は恐れない。すべてはフォースの導くまま」と語る盲目の戦士チラット・イムウェ(ドニー・イェン)を味方につけて、帝国軍に立ち向かうようです。

リプログラムされた元帝国軍のドロイドでキャプテン・カシアンの相棒である、K-2SOも「キャプテンはあなたが友達だと言っています。あなたを殺さないでおきましょう」、「失敗する確率は97.6%です」といい味を出しています。帝国軍の支配を覆すチャンスに命をかける反乱軍たち、アーソの「ついてくる?」にキャプテン・カシアンが「最後まで」と返すあたりが、胸熱です。

NBCのリオ五輪番組中に放映されると事前に予告されていた他、前日には「予告編の予告編」も公開されていました。

それもあってか待ちきれないファンも多かったようで、放映までは「五輪には興味ないけど予告編のためだけに見ている」、「まだ放送されないのか、再撮影でもしているのかな?」などのツイートが多数飛び交っていたようです。

新たに登場する宇宙船「Uウイング」デス・トルーパーたち、そして最後におなじみの呼吸音とともにちらりと映るベイダー卿の後姿……を見ると、待っていて本当に良かった!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は12月16日(金)全国ロードショー。

(C)Lucasfilm 2016

image:YouTube
source: YouTube1, 2, 3, Twitter

abcxyz