SWシリーズのカギとなる人物が明らかに。映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の特報が解禁!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

発信者は……

つい先日、最新の予告編が公開された、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

新しいシーンの数々のお目見えにファンが熱狂したばかりの中、さらに新たな映像が世界に先駆けて日本のファン向けに公開されました。「スター・ウォーズ」シリーズ全体のカギを握るキャラクターの情報が含まれた、必見の内容です。

こちらはディズニー・スタジオ公式チャンネルにアップされたもの。

「ローグ・ワン」の多くのキャラクターの詳細はすでに明らかになっていますが、主人公ジン・アーソの父親である、ガレン・アーソについては今の今まで謎でした。

先日のStar Wars Celebration Europeでは、ガレン・アーソを演じる北欧の至宝、マッツ・ミケルセンが「彼は宇宙を根本から変えてしまう大発明をした科学者なんだ」と語っていました。

今回公開された映像では、反乱軍が傍受した帝国軍の通信により、「究極兵器の完成が近い」こと、そして通信の発信者がジンの父親であることが明かされています。ガレンが帝国軍の側について究極兵器を作っているのか、それとも無理やり作らされているのかは不明です。

15歳の時から一人で生きてきたジンですが、父親のことを知らされてミッションに参加するとなると、作戦に心理的な影響が出てきそうですし、帝国軍のマークの付いたアーマーを着たジンの姿が何を意味するのか?もあやふやになってきます。

反乱軍側からすれば、実の娘を味方につければ父親の帝国軍への忠誠心にも揺さぶりをかけられる……といった魂胆があるのかもしれません。さらに、今回の映像にもガレン・アーソの姿は登場しないのが気になります。

ストーリーの詳細はまだまだ推測の域を出ませんが、これまでの「スター・ウォーズ」シリーズと同様、「ローグ・ワン」もまた、親と子の葛藤を描いた作品になるのは確実のようです。銀河の危機を救うミッションを背負いながら、アーソ親子はどう悩み、どのような答えを出していくのでしょうか?

ティザーポスター

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は12月16日(金)全国ロードショー。

(C)Lucasfilm 2016

source: YouTube

abcxyz