ハイエンドスマホを手軽に入手。 Samsungが中古端末ビジネスを開始か

ハイエンドスマホを手軽に入手。 Samsungが中古端末ビジネスを開始か

スマホって、高いですよね!

ギズの読者なら最新スマートフォンを所有している人は少なくないと思いますが、ふと考えると新しいスマホって高いですよね。毎年10万円近いスマートフォンを買いかえると、かなりの負担に…。しかしReutersによれば、Samsung(サムスン)が回収したハイエンド端末の再販を計画しているというのです。

報道によると、Samsungはアップグレードプログラムなどで回収された端末のリファービッシュ品(整備済製品)を販売します。値引きの程度は不明ですが、廉価に販売されるとのこと。販売国などはまだ不明ですが、新しいハイエンドスマホが安く手に入るのなら願ったり叶ったりです。

Samsungがこのプログラムを開始する狙いは、現在好調なスマートフォンビジネスの維持と利益効率の上昇。一つの端末を2回売れば、それだけ利益も増えます。要は、第三者による中古端末ビジネスを自社でやろうということです。

Samsungのハイエンド端末はWirelessWire Newsの報告を見てもGalaxy S7シリーズが好調なように先進国で存在感を増していますが、中国やインドなど新興国のシェア向上にも力を入れています。ハイエンド端末のリファービッシュ品の廉価販売は、同社の世界シェア拡大に役立つでしょう。それにしても、Samsungの好調なスマートフォンビジネスはとどまるところを知りませんね…。

top image by Leszek Kobusinski / Shutterstock.com

source: The Verge, WirelessWire News

(塚本直樹)