「庵野やめろ~!! わああああ庵野ォォォォ!」って叫んでもいいシン・ゴジラ上映会の実施が決定

シン・ゴジラ 叫んでもいい 上映会

意思決定の速さに驚きます。

現在公開中のゴジラ最新作「シン・ゴジラ」。エヴァンゲリオンを指揮した庵野秀明監督が特撮に挑む!とあって、公開前から多大な注目が集まっていました。

そして、公開後もさまざまな方面から、さまざまな評価が寄せられ、その多くが「良し」といったものであるように思えます。

で、こんなことまで…。

声出しOK! コスプレOK! サイリウム持ち込みOK!

フリーダム上映です。「映画館ではお静かに」もいいですが、こういった盛り上がる楽しみ方もいいですよね。して、なぜこんなことになったかというと、事の発端はマンガ家の島本和彦さんのこの発言。

同じ大学に通い、微妙な接点があった島本さんと庵野さん。アニメとマンガと道は分かれましたが、島本さん的にはライバル関係であるようです。そしてそのライバルの作品の素晴らしさに、島本さんは打ちのめされたというのです。

なんて言ってたら、こうですよ。

台本があるのか!?とも思える展開。まるで劇中のような展開・意思決定の速さに驚きます。そして、当人はというと…

混乱しています。でも絶対に嬉しいに違いない。

周囲の盛り上がりや期待感に翻弄されるマンガ家、島本和彦。しかし、苦悩する先生の様子がマンガとして脳裏に浮かぶ人も多いかもしれません。僕は浮かんだ。

ゴジラ公式Twitterも負けじと煽ります。流石です。そして、

9日になって決意した模様です

さすが島本先生! そうであると思っていました!

なお、シン・ゴジラへの思いを形にするため、島本さんは急遽シン・ゴジラ本を夏コミの新刊として出すことを決意しています。

トップクリエイター同士の熱い思いが炸裂するであろう、8/15(月)、新宿バルト9での19:00のシン・ゴジラ

かなり混雑するかとは思われますが、先生の「庵野やめろ〜!! わああああ庵野ォォォォ!」を聞きたい方は挑んでみましょう。

source: 新宿バルト9, Twitter(島本和彦), 株式会社カラー

(小暮ひさのり)