おもしろロボットクイーン新作は「ピーナッツバター塗れないロボ」

おもしろロボットクイーン新作は「ピーナッツバター塗れないロボ」

こんなに無機質なのに、かわいい...愛おしい...。

皆さんお待ちかね、スウェーデンの「ヘンテコロボット発明の女王」ことシモーネ・ギールツが新作「ザ・サンドイッチ・ロボット」の動画を公開しています。

今回のロボットはロボットアームが2つ繋がったようなもので、片方を人が動かすと、もう片方もその動きと連動して動くというもの。お友達のフィオナがロボットを操作します。

シモーネはロボットがパンにピーナッツバターを塗る様子を無視して新聞を読んでいるフリ。果たしてロボットはきれいにパンにぬりぬりして、フィオナがクールに朝食を食べるシーンを撮影することができるでしょうか?

シモーネの公式YouTubeチャンネルSimone Giertzからの動画でした。

何度も何度も試すものの、ピーナッツバターの瓶が倒れて中身がドロッと机に出ちゃったり、もっと硬いピーナッツバターを買ってきても瓶を倒してしまったり、パンもついでに落としちゃったりとなかなかうまくいきません。

これには、試すたびにシモーネもフィオナも大爆笑。笑いすぎて新聞に倒れこんでシモーネの顔に印字が転写されたり、床に置いたゴミ袋の中に落ちちゃったパンを口にしてしまったりとてんやわんや。

でも、「この向きのほうがいい?」とバターナイフの角度を調整するためにドリルを使い始める様子(2:56)はなんだかかっこいい。結局パンにちょびっとだけピーナッツバターが塗れた程度で終わっちゃいましたが、ヘンテコオモシロロボットを作るということについては大成功でしたね!

image by YouTube
source: YouTube

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(abcxyz)