ディズニーがライトセーバーを使った「バトル」が体験できる技術の特許を申請

ディズニーがライトセーバーを使ったバトル体験ができる技術の特許を申請

フォースがなくてもジェダイになれる!?

IGNGEEKが伝えたところによりますと、ディズニーがライトセーバーを使った「バトル」が体験できる技術特許として申請したことが判明しました。

今回申請された技術は、現在カリフォルニアとフロリダのディズニーランドに建設中の「スター・ウォーズ・ランド」の新アトラクションで使われる可能性が高いとのこと。「スター・ウォーズ」ファン憧れのライトセーバーを使った戦いがそこそこリアルに再現されそうです。

ディズニー ライトセーバー 特許を申請 1

ディズニー ライトセーバー 特許を申請 2

ディズニー ライトセーバー 特許を申請 3

ディズニー ライトセーバー 特許を申請 4

ディズニー ライトセーバー 特許を申請 5

この技術は、水蒸気が立ち込めた部屋の中で、専用のライトセーバーをもち、グリップの動きに合わせて無人装置から射出されるレーザー光線をはじき返すというもの。霧の中なら光線は見えやすくなるという性質を利用しているようです。もちろん、ライトセーバーのグリップ部分には例の「ブーン、ブォーン」と鳴る仕掛けも内蔵されるとのこと。

また、アトラクションの参加者にはセンサー付きのベストが用意されています。このベストを着用することで、参加者がダメージを受けた時に反応をフィードバックしたり、受けた信号をサーバーに送ってポイントの計算を可能にしてくれるのでしょうね。

まだまだ物体を切断するというような映画レベルの話ではありませんが、かなり夢に近付いている感があります。申請書は実際に閲覧ができるようになっていますので、そちらもぜひどうぞ。

image : GEEK

source: Google, IGN, GEEK

岡本玄介