「スター・ウォーズ」の実写テレビシリーズの制作が進行中

スター・ウォーズ 実写テレビシリーズ

さらに楽しみが増える!

LucasfilmがDisneyに買収される以前から噂されていた「スター・ウォーズ」の実写テレビシリーズ。過去にはジョージ・ルーカス自身、長期間をかけて実写テレビシリーズ「Star Wars: Underworld」を計画していました。しかし、Disneyによる買収後は「テレビでのフォーカスはアニメに」として実写テレビシリーズ化の希望は瞬く間にしぼんでしまったのでした。でもそこは「スター・ウォーズ」シリーズ、ちゃんと「新たなる希望」が見えてきたようです。

アメリカで行なわれたテレビ批評家協会プレスツアーのABC放送局のパネルで、ABC Entertainment社長のChanning Dungey氏が「『スター・ウォーズ』の実写テレビシリーズがABCで製作される可能性はあるのか?」という質問に答えました。

(「スター・ウォーズ」の)ファンとして、この質問に「イエス」と答えられることができてうれしいです。これに関しては複数の話し合いがありましたし、これからも引き続きLucasfilmと話し合う必要があるでしょう。もし実現すれば「スター・ウォーズ」のフランチャイズを拡張する素晴らしいものになるでしょう。

VarietyのTV担当のDaniel Holloway記者はこうツイートしています。

ABCのDungey氏が「スター・ウォーズ」の実写テレビシリーズ化の可能性についてさらに語った。「(話し合いは)まだ続いている。公式的なスケジュールはまだ決まっていない」とね。

この企画はまだ確実に初期の段階ながらも、実際に「スター・ウォーズ」の実写テレビシリーズ化に向けた話し合いは続いているようで、これはいい兆候だといえるでしょう。しかし、いつ番組が実際の制作に入るのか、そのスケジュールなどは不明とのこと。あまり急ぎすぎて黒歴史(「スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル」)にならないといいですが、それでも早く見てみたいなー!

source: Deadline

James Whitbrook - Gizmodo io9[原文

(abcxyz)