こんなところに人工知能。きゅうり仕分け機

きゅうり

お母さんを助けたい、って気持ちもあったはず。

静岡県できゅうり栽培農家を営む小池誠さんは、人工知能を用いてきゅうりの仕分け機械を自作してしまったそうなんです。

一体どんな機械なのか、百聞は一見にしかず。こちらをご覧ください。

これは、きゅうりの形や大きさ、曲がり具合などを判定し、等級ごとに仕分けしているのだそうですよ。利用されているのは、Googleの機械学習ライブラリ「TensorFlow」。

きゅうりの仕分けには、長年の経験が必要。小池家ではその作業はすべてお母さんが担当しており、ピーク時には毎日8時間作業に追われるのだそう。小池さんは、「農家はおいしい野菜を作ることに専念すべき」という考えから、仕分け作業は自動化したいと常々考えていたそうです。

ちなみに、このきゅうり仕分け機。8月6日、7日に開催された「Maker Faire Tokyo 2016」でも展示されたそうなので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

image by Jim, the Photographer via Flickr

source: Google Cloud Platform Japan Blog

(渡邊徹則)