スケボーが車なみに速くなるバイオニック棒「Kick Stick」

スケボーが車なみに速くなるバイオニック棒「Kick Stick」 1

スケートボードといえば、坂道を下ったり、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマーティみたいにほかの車に掴まりでもしない限りは、足で地面を蹴って進むもの。

でも、このバイオニック棒こと「Kick Stick」があれば、地に足をつけることなく車並みのスピードでスケボーができちゃいます。まずは「私はほしい」な紹介動画をどうぞ。

最高速度はなんと時速48km! バッテリー、モーター、コントローラー、車輪を内蔵しており、バッテリーがなくなれば付け替え可能。折り畳み式なので使わない時の持ち運びにも便利です。

このKick Stickを開発したRise Roboticsのおふたりが米Gizmodoに来て、ニューヨークのWorld Fairで展示されたプロトタイプを見せてくれた動画があるので見てみましょう。

動画で紹介されているプロトタイプには3Dプリンティングで作られた部品も多く、モーターから生じる熱を排出するために非常に小さなファンが内蔵されているそう。ファンは遊星歯車機構によってモーターより高速で回転して2.75馬力のKick Stickから発生する熱を逃がします。

動画の7:50ではオフィスのコーヒーテーブルの上で作動させて机を削っちゃってる光景が見られます。

新しいほうのプロトタイプでは、車輪を地面に当てて本体を曲げるように押すことで圧力センサーが反応してモーターが回転し、体重をかけるようにより強く本体を曲げようとするとより速くモーターが回るようになっています。

スピードが出ることもあって未だKick Stickを使用しながらトリックをキメた人は居ないそう。スケボー界のレジェンドたちにぜひ使ってもらいたいものです。

14分過ぎから見れる室内でKick Stickを使用する様子は開発者たちも試したことがないという貴重な光景です。室内でやるには速すぎて危なそうですけどね。スケボーではなくローラーブレードで使いたいという場合には、Kick Stickを「ハリー・ポッター」のように魔法の箒みたく股に挟んで使うことで使用できるとのことです。

World Fairでは7つのプロトタイプを展示したRise Roboticsですが、製品化はすぐにでも行ないたいとのこと。今後は今年9月ころにクラウドファンディングで資金を募りKick Stickを製品化したいとのこと。

Rise RoboticsはこのKick Stickで培ったモーター関連の技術を活用し、将来はウェアラブルなパワードスーツ(外骨格スーツ)を作りたいとのことです。

image by YouTube
source: Facebook, YouTube

Alex Cranz - Gizmodo US[原文

(abcxyz)